福岡県の霊能者を紹介

出身地が福岡県であったり、福岡県内で対面鑑定をしていたりする霊能者を紹介。

福岡県に縁のある霊能者

以下に紹介する霊能者は、この福岡県を出身地としていたり、現在も福岡県で対面鑑定をしていたりするなど、何らかの形で福岡県に縁のある霊能者たちです。歴史上の霊能者も含めて紹介します。順不同です。

注意:ここで紹介している霊能者につきましては、当サイトや当霊能者協会とは直接の関係はございません。

下ヨシ子(しも よしこ)

出身地は佐賀県ですが、霊能者としての活動を始める際、ここ福岡県の福津市にある修験真言宗大本山金剛寺で得度(出家して僧侶になる仏教儀式)を受け、阿闍梨の称号を得たそうです。現在は宗教法人「宗教法人肥後修験総本山六水院」の管長を務めています。

菅原 道真(すがわら の みちざね)

平安時代の貴族、菅原道真が失脚して左遷された先が現在の福岡県にあった大宰府です。菅原道真はここ福岡県で生涯を終えて葬られています。死後に天変地異が多発したという逸話や、飛梅伝説など、菅原道真は霊能者であったと考えられるエピソードが多くあります。

大曲想人(おおまがりそうにん)

霊視と霊聴に秀でた福岡県で有名な霊能者の一人です。現在は電話占いの天啓という会社に所属し、電話を通じて一般の方の霊視鑑定を行っているそうです。

梨恩(りおん)

同じ電話占い会社に所属している、出身地が福岡県の霊能者の一人です。波動修正生き霊返しなどの高度な霊能力を使う霊能者として有名です。特に恋愛関係の相談に定評があり、若い女性からの人気は今も衰えません。

すずの

上の2名の霊能者と同じく、また天啓に所属している福岡県出身の霊能者の一人です。どうやら天啓には福岡県に縁のある霊能者が多いようですが、その理由は不明です。

御船 千鶴子(みふね ちづこ)

明治時代を生きた透視能力に秀でた霊能者の一人です。出身は熊本県ですが、三井財閥の依頼を受けて福岡県の大牟田市周辺で霊視を行い、三井三池炭鉱を発見して有名になりました。その時の謝礼は現在で言う2,000万円ほどだったと言われています。

このページは、インターネット上の情報を参考に当霊能者協会にて随時追加・更新していきますが、事実と異なる内容があった場合にはご容赦下さい。また、誤りに気づかれたり、ここで紹介している霊能者以外に福岡県に縁のある霊能者をご存知の方がいらっしゃいましたら、私ども霊能者協会まで是非ご一報下さい。

福岡県の豆知識

九州の福岡県は九州地方では最も人口の多い県で、県庁所在地である福岡市は九州経済の中心となる政令指定都市になっています。福岡県には北九州市というもう一つの政令指定都市があり、東京首都圏、名古屋を中心とした中京圏、大阪を中心とした近畿圏の三大都市圏を除く地域の中で、最も人口密度が高いのがこの福岡県なのです。

天気予報などでは福岡県は便宜上4つの地方に分けられることが多く、福岡市を含む福岡地域、北九州市を含む北九州地域、久留米市を含む筑後地域、そして田川市や飯塚市を含む筑豊地域に区分されます。それぞれの地域で使われる言葉も異なっており、全国的に知られる博多弁は福岡地方の福岡市近郊でのみ話される方言です。

また、福岡県には縁結び神社が多くあり、恋愛成就を願う若い女性の参拝客も多いそうです。福岡県内の縁結びのご利益がある神社として、北九州市の篠崎八幡神社や、福岡市の十日恵比須神社、同じく福岡市の出雲大社福岡分院、筑後市の恋木神社、久留米市の篠山神社、太宰府市の竈門神社、そして福津市の宮地嶽神社などが有名です。皆様も福岡県に行く機会がありましたら、これらの縁結び神社に立ち寄り、良縁や恋愛成就の祈願をしてみてはいかがでしょう。

ここ福岡県が輩出した有名人は多数いますが、「点と線」「ゼロの焦点」などで有名な作家、松本清張(まつもと せいちょう)も福岡県出身(生まれは広島県)の一人で、北九州市には松本清張記念館も建てられました。彼の有名な作品「点と線」では福岡市の香椎海岸で心中した男女の遺体が事件の始まりでした。