霊感占いとは?

電話占いなどでよく耳にする霊感占いとは一体どんな占いなのでしょうか

霊感占いとは何か?

霊感占いのイメージ

タロット占いをしている占いの館や、電話占いなどで、霊感占いという言葉を見聞きしたことがあると思います。しかしこの霊感占い、いったいどんな占いなのか、はっきりしていないままに用いられる占い用語の一つです。その言葉通り、霊感を用いた占いのことを霊感占いと言うのですが、占いに霊感を用いるというのはどういったことなのでしょう。心霊体験をした人など霊感が強いと言われる人の霊感と、霊感占いの霊感は同じものなのでしょうか。

占いには大きく別けて霊感を使わない占いと霊感を使う占いがあります。全く霊感のない人、または霊感が極めて弱い人が、ガイドブックなどを頼りにタロット占いを楽しんだり、西洋占星術の参考書を見ながらホロスコープを自作したりすることがあります。これらが霊感を使わない占いの最もわかりやすい例です。プロの占い師であっても、霊感が全くない、または霊感がほとんどない占い師もいます。このような占い師は、タロットカードの全ての意味を把握していたり、ホロスコープなどの解釈の仕方が素晴らしかったりしますが、占いには霊感を一切用いません。古く占星術が占星学と呼ばれていたように、この手の占い師はどちらかと言えばスピリチュアルな分野としてではなく、学術的に占いを極めた学者タイプの占い師でもあります。霊感を使わない占いが当たらないかというとそうでもありません。カードや星の位置に現れた共時性、シンクロニシティ(Synchronicity)を読み解くことで、過去や未来、他者の心中などを探るのがこのタイプの占いの真髄です。

それでは霊感を使う占いとはどんな占いなのでしょうか。霊感以外に何も使わない、純粋な霊感占いというものは、霊能者が瞑想の後にビジョンを得て、その内容から占いの結果を伝えるというシンプルなものです。何か道具を使うわけでもなく、何かを聞いたりするわけでもなく、ただ霊能力で知りたいことを探るのが霊感占いなのです。しかしこの純粋な霊感占いは、ビジュアル的にあまりに素っ気ないため、エンターテイメント性の強い占いの館などではあまり人気がありません。呪文を唱えるわけでもなく、カードや水晶を操るわけでもなく、ただ霊能者が未来を語るだけですから、エンターテイメントとしては物足りないのかもしれません。

また、霊感を使いながら道具なども用いるハイブリッド型の占いもあります。例えば霊感を用いてタロットカードを操り、カードから絵柄以上の情報を読み取る霊感タロット占いなどが有名です。霊能者がタロットカードを用いることでより霊能力を操りやすくなったり、またタロットカードから天啓を受けて自分の霊感に気づいたというタイプの占い師もいるようです。

オーラを見て人を診断する占いも、霊感占いの一種と言えます。オーラ診断をする霊能者はオーラを見るために何か特別なことをしたり特別な道具を用いたりしません。ただ目の前にいる人のオーラから情報を読み解くだけの霊感占いなのです。また霊視鑑定と呼ばれる占い、それから前世占い、守護霊や背後霊の診断なども全て霊感占いと呼ぶことができます。霊感占いとは、霊能力を必要としないシンクロニシティや統計学に基づく占いに対して、第六感のような霊感・霊能力などを用いるタイプの占いことを意味しているのです。

霊感占いと浄霊・除霊の違い

霊感占いを掲げる電話占いが最近増えてきているようです。もともと電話占いでは霊能者が霊能力を用いて占うことが多かったので、昔と今の電話占いの占い方が変わったわけではありません。ただ霊感占いという言葉が一般的になってきたため、その言葉を広告に使うようになっただけのことでしょう。

このような霊感占いを占術の一つとして掲げているような電話占いでは、よく浄霊、除霊、波動修正などといった言葉も一緒に掲げられているのが一般的です。これらは同じように霊能力を持つ霊能者にしかできないことではありますが、霊感占いとは何が違うのでしょうか。

霊感占いはあくまで占いですから、未来のこと、見えないことを占う手段に過ぎません。例えば同じ職場の男性に片想いをしているとして、一緒になれるかどうかを占い、残念ながら一緒にはなれそうにありませんという結論を出すところまでが占いです。青いものがきっかけで一緒になれるかもしれないといった具合に、一緒になる可能性を高める方法が出てくることもあります。しかし霊感占いも占いに過ぎませんから、期待とは違った運命が待っていることがわかってもそれを受け入れるしかないのです。

しかし、その運命を変えようとすることは、占いよりも一歩進んだ霊能力の使い方になります。霊能者によっては霊能力で人の運命を変えないというポリシーを持つ人もいますが、恋愛や人間関係程度であれば問題ないと考える霊能者が一般的のようです。例えば霊的な障害すなわち霊障により運命が阻まれているような場合、その霊的な障害を取り除き、能動的に運命を切り開いて行くという占いとは違うアプローチがあります。これが浄霊や除霊、波動修正といった霊能力なのです。

浄霊とは主に障害となっている霊魂を成仏させてあの世に送り込むこと、除霊は同様に霊魂を人や場所から退散させること、波動修正は相談者の運気の流れエネルギーの流れを調整し、運命が良い方向に向くように仕向けることです。他にもオーラの浄化と言ったり、ただ開運と言ったり、場所によって使う言葉は違いますが、どれも全て同じように霊能力を用いて運命を切り開く手段であることに変わりはないのです。

現在の状況とこれからの運命を見極める、いわば人生の羅針盤のような存在が占いです。しかし羅針盤だけでは暗礁に乗り上げることがわかっていてもただ運命を受け入れるしか術はありません。その羅針盤によって見極めた運命を、自らの力で切り開き、変えて行こうというポジティブな意思の力が不可欠です。その力が不足していて強大な運命に逆らい切れない時、霊能者の力を頼ってみるのも良いのではないかと思います。