霊能者の仕事と求人

あまり知られていない霊能力を生かした仕事と求人の実態について説明します。

霊能者の仕事と求人の実態

力の大小に関わらず、霊感や霊能力を持つ人はことのほか多くいらっしゃいます。中には自分が霊能力を持っていることに気づいていない人も数多くいるのです。現代の社会においては、霊感や霊能力といった能力をいささかオカルティズムという色眼鏡で見られがちであり、自分がそのような能力を持っていることを公言することがマイナスに作用することが多いのが実情です。このため、ごく一部の業界を除いては、霊感や霊能力について求人の条件として提示する会社はありませんし、また就職の際に霊能力を持っていることをアピールする求職者もいないのです。

実際のところ、本人がその能力を把握しているかどうかに関わらず、多くの霊能力を持つ人は普通の仕事に就き、ただ「カンが良い」「人の気持ちがわかる」といった長所があるように見られているに過ぎません。自分の能力に気づいていてもそれを隠し、秘密裏にその霊能力を日常に生かしているだけなのです。好成績のセールスマンや、若くして成功した経営者、人望あるカウンセラーなどにも霊能力を持つ人が多いと言われています。

科学的に解明されていない霊能力について、求人する会社側も、求職中の人も、どちらもその存在については表立って触れることはなく、ただ霊能力というのは空想の世界のものに過ぎないといった大人の建て前の上に成り立っているのが現代の社会であると言えましょう。しかし最近では霊能力について前向きな取り組みをしている会社も増えてきています。もちろん表立って霊能力を持つ人間を募集しているわけではありませんが、霊能力をテストする手法が確立しつつあり、そのテストを通過した人間を優先的に採用するのです。

就職や転職をする際の面接での質問や、筆記試験の問題の中に、意図が不明な不思議な問いを見聞きしたことはないでしょうか。前提が欠けていたり、答えが出そうにない無理難題のような質問です。実はこれらの質問こそが霊能力を持つ応募者をふるいにかける質問なのです。説明用のビデオや説明会の会場などを通じて、事前に霊能力を持つ人間にだけ通じるようなビジョンを与えておいたりすることもあるようです。霊能力を持つ人間はつい霊能力によって得られた情報を交えて回答してしまうため、このような問題をクリアした応募者が霊能力を持っていることを知ることができるというわけです。

特に外資系や大手企業において、このような形で秘密裏に霊能力を持つ人物を採用することが増えてきているようです。また街中などで霊能力を持っていることを悟られると、さまざまな企業からコンタクトがあったりすることも少なくないそうです。日常生活や企業活動においても便利な霊能力ですが、表立ってその存在を認める人が少ないため、このように秘密裏にその能力が評価されているというわけなのです。

もともと「オカルティズム」「オカルト」の語源は、ラテン語の「隠されたもの」という言葉に由来します。現代に至るまで霊能力は隠し通され、決して表に出ることのない能力として扱われているのです。科学主義が蔓延し、人々が自然の力を軽視するようになると、宇宙の全てを科学的に説明ができるという傲慢な考えに陥ることがあります。自らの科学的知識を過信し、霊能力を否定する人も増えてきていますが、情報統制された国民のように井の中の蛙であることを認識し、神秘的な力について考え直す必要があるでしょう。

霊能者を募集する求人

現代社会において、唯一、霊能者を表立って募集している業種があります。それは占い業界です。統計学の占いを専門にしている占いの館では、四柱推命に詳しい占い師、西洋占星術に詳しくホロスコープを作成して読むことができる占い師、といった具合に占術ごとに知識や経験を条件として占い師の求人を行っています。これと同じように、霊感占いや霊感タロットなど、霊能力が必須となる占いを提供している占いの館や電話占いなどの会社では、霊能力を持っていること、霊能者であることを最低条件とした求人を行っています。

このような霊能者を募集している求人に対して、実際に霊能力を持たない人間が自らの能力を偽って応募することも少なくないそうです。しかし応募後の試験では霊能力についてテストするのが普通ですから、そのような嘘は簡単に見抜かれてしまいます。定番のESPカードなどを用いる場合もありますが、実際に関係者を数名占い、その的中率などを根拠に判断する方が多いようです。

また、霊能者を募集するような占い会社では、既に霊能者が多く所属していることから、試験に立ち会う面接官などもまた霊能力を持っている場合が多く、霊能力をいかにコントロールできるかといった能力的なことだけでなく、内面に隠された悪意や邪悪さといったものも併せて見抜くような特殊な面接が行われているそうです。これらの話は実際に応募をした霊能者からの話に基づきますが、占い会社側ではそういった情報については企業秘密のノウハウとして開示することはありません。

もしあなたが霊能力を持っていて、その力を何らかの形で社会に役立てたいと考えているのであれば、現在のところ占い関係の仕事に就くことが最善の選択だと考えられます。特に電話占い会社であれば、自宅勤務も可能ですので、悪意や邪念に満ちた環境に身を置くことなく霊能力を世のために役立てることができます。